文学の一燈

~せめて小さな“ともし火”をともそう~

2016-06-04から1日間の記事一覧

カフカ「変身」 絶望の二十世紀と不条理文学

しばしば耳にすることがある。地位も名誉もある立派な男が、そうだ、この男は実に社会の模範たるべき人物で、もう、そうとしか言いようのない完璧な人物で、十歳にして近隣で神童ありと騒がれ、十有五にして町始まって以来の英才との名声既に高く、その期待…