文学の一燈

~せめて小さな“ともし火”をともそう~